スズメ目アトリ科

写真をクリックすれば、大きな画像が出ます。元のページには「戻る」ボタンをクッリクしてください。
全長で小さい鳥〜大きい鳥の順

マヒワの写真
 
マヒワ(真鶸) eurasian siskin
  明治神宮御苑 2003/3/30
 アトリ科。全長約12.5cm。冬鳥として日本各地に飛来。群れで飛来する黄色い小さな鳥。カワラヒワに似ているが全体に黄色みが強い。

 ⇒ オス(頭頂が黒く、メスより黄色が濃い) 練馬区光が丘公園 2004/3/27
 ⇒ 3♂   4♀  山梨県山中湖村 2004/12/26
 ⇒ 滋賀県長浜市南浜町 姉川河口 2006/12/31 第1回冬羽のメス?
 ⇒   輪島市舳倉島 2007/5/5 ♂
 ⇒  神戸森林植物園 2009/2/22 ヤシャブシの実の種を食べていました。♂と♀。
 ⇒ 10   11   12  輪島市舳倉島 2010/10/22 11は第1回冬羽♀?。12は成鳥♀で、30cmに近づいても無心に食べていました。
 
ベニヒワの写真
 
ベニヒワ(紅鶸) common redpoll
  札幌市丸山公園 2008/2/10
 スズメ目アトリ科の鳥。13.5cm。冬鳥として北海道、東北地方北部や新潟・富山・石川県などで多く見られる。年により見られる数が大きく異なる。

 ⇒   マヒワとの混群が高い杉木の実を食べて忙しく動き回るので、どれがどれだか分らなくなりました。胸が赤い個体はオスです。
 ⇒    島根県斐川町 2009/1/11 「ハンノキ」の実を夢中で食べていました。胸が赤くないので、メスです。
 ⇒   10  石川県輪島市 2010/11/8 オスも居ましたが、赤色が薄かったです。
 ⇒ 11   12   13  石川県輪島市 2010/11/13 20羽ほどの群れがいろいろな場所にいましたので、かなりの数が入っているようでした。
 ⇒ 14   15   石川県輪島市舳倉島 2013/10/31
 ⇒ 16  石川県輪島市舳倉島 2014/10/31 一番たくさんいました。
 ⇒ 17   18   19  石川県河北潟 2015/1/14
 ⇒ 20   21  福井県 2017/11/7
 
アカマシコ写真
 
アカマシコ(赤猿子) common rosefinch
  奈良県桜井市笠 2015/10/5
 アトリ科。全長約14cm。数少ない旅鳥として日本海側の島などに渡来。ユーラシア大陸の亜寒帯、チベットなどで繁殖し、東南アジア北部などで越冬する。

 ⇒   メスやオスの若鳥は茶色で、俗称でチャマシコと呼ばれています。
 ⇒  2羽いました。「メスの成鳥と幼鳥では?」と言われていました。
 
カワラヒワの写真 カワラヒワ(河原鶸) oriental greenfinch, grey-capped green finch
  東京都大田区東京港野鳥公園 2003/5/11
 スズメ目アトリ科。全長約14.5〜16cm。全国で見られる。黄色い翼帯とM型の尾の先が特徴。亜種カワラヒワは、九州以北で繁殖しており、冬は暖地へ移動する。 
 ⇒ 多摩市多摩川・大栗川合流点 2003/12/31
 ⇒   長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/24
 ⇒ 千葉県柏市 2009/3/8
 ⇒ 長野県南牧村野辺山 2011/12/23
 ⇒ 石川県輪島市 舳倉島 2017/5/3

亜種オガサワラカワラヒワ 絶滅危惧TA 類。日本固有亜種。小笠原諸島の母島列島と南硫黄島のみに生息。カワラヒワよりわずに小さく嘴が大きい。また、目先や顔が黒くならない。
 ⇒   東京都小笠原村母島 2012/7/12 幼鳥の群れか。

亜種オオカワラヒワ 冬鳥として全国に渡来する。
 ⇒  石川県舳倉島 2014/5/6 少し大きく、三列風切外縁の白色部分が広い。
 

ベニマシコの写真
 
ベニマシコ(紅猿子) long-tailed rose finch
  埼玉県北本市北本自然観察公園 2004/3/21
 スズメ目アトリ科の鳥。15cm。北海道や青森県下北半島で繁殖し、本州以南へ移動して越冬する。オスの冬羽は、胸、腹、口先が紅赤色を帯びる。

 ⇒  メス  「あずまや」の横で、柳の新芽を食べていました。
 ⇒ 2006/01/08 北本自然観察公園 「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い、赤い実を食べた!」
 ⇒ 何十年来の寒波来襲で池も凍り、池の上に落ちた実を捜しついばんでいました。
 ⇒ 「おっとすべる滑る。」
 ⇒ 横浜市戸塚区 舞岡公園 2007/3/4 今年の暖かさは一体どうしたのでしょうか。
 ⇒   10  北海道豊富町兜沼公園 2008/6/17 ベニマシコの個体数は多かったのですが、飛び回っていて良い写真は撮らせてくれませんでした。
 
ウソの写真
 
ウソ(鷽) eurasian bullfinch
 山梨県富士山奥庭(四〜五合目の間) 2004/7/18
 スズメ目アトリ科の鳥。全長約15.5cm。本州中部以北の高山の針葉樹林で繁殖や、北海道では低地にも生息する。秋に山麓や丘陵、暖地に移動して越冬する。

 ⇒ 富士山奥庭 2004/9/11 オス。
 ⇒  富士山奥庭 2006/7/17 雨あがりにエサをさがして食べていました。
 ⇒ 大阪府 金剛山 2006/12/09 オス。
 ⇒ 大阪府 金剛山 2007/1/8 メス。寒いので普段でも丸いウソが、いっそう丸くなっていました。
 ⇒  長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/24 

  亜種 アカウソ(赤鷽) 
 神奈川県箱根仙石原 2004/2/22
 スズメ目アトリ科の鳥。ウソの亜種で冬鳥として渡来する。

 宿泊先で窓ガラス越しに撮影したため、ボケボケです・・・。新芽を食べていました。
 ⇒ オス   メス   
 ⇒ オス  大阪府 金剛山 2006/12/16 枝の中にいて出てきません。とりあえず証拠写真に。
 ⇒ オス  長野県 蓼科高原 2006/12/23
 ⇒ 出雲大社のアカウソ   その2  島根県出雲市 出雲大社参道 2007/2/12 お参りに行きましたので、双眼鏡や普段のカメラも持っていなっかたので、あわてました。お母さんのパナソニックFZ10で撮影。
 

アトリの写真 アトリ(花鶏) brambling
    東京都杉並区善福寺公園 2003/3/15
 スズメ目アトリ科の鳥。スズメよりやや大きく、全長約16cm。胸から脇にかけて赤褐色、腹部は白色、褐色と黒色の翼も目立つ。日本各地に飛来する冬鳥。山地の雑木林に群生。
 群れていて、スズメだと思いましたが、良く見ると違っていました。
 ⇒ 京都御所 2003/11/23  
 ⇒夏羽のアトリ 東京都渋谷区代々木 明治神宮御苑 2003/3/30  帰り道の神宮橋には、自己主張しオシャレした若者たちが集まっていました。 早春に、夏羽になったオスのアトリです。さすが流行の最先端、原宿に近いからかな?? 
 ⇒ 大阪市 大阪城公園 2006/10/21
 ⇒  鹿児島県薩摩川内市 2008/12/13 全部アトリです!!
 ⇒ 長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/25
 ⇒ 石川県輪島市舳倉島 2009/5/3 夏羽のパンダ顔が面白かったので。
 ⇒ 熊本県 2011/2/26 九州ならではのアトリの群れです!この画像だけで、266羽います!
 ⇒ 10  福井県 2017/10/7
 
ハギマシコの写真
 
ハギマシコ(萩猿子) asian rosy finch
  長野県南牧村野辺山 2005/1/16
 スズメ目アトリ科の鳥。16cm。冬鳥として日本に飛来する。群れで行動し、主に地上で草の実をついばむ。黄褐色で紫色を帯びたまだら模様。

 ⇒ 
 曇った日にハギマシコを見ると、図鑑などの写真でのイメージと、実際に鳥を見た時に違いを感じます。2005/3 北海道の羅臼で宿の軒下にきたない鳥がいるなと思いよく見ると、ハギマシコでした。
 ⇒  長野県蓼科高原 2006/12/23
 ⇒  長野県南牧村野辺山 2008/12/27 50羽以上飛び交っているのですが、写真は惨敗です。
 ⇒ 長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/24
 ⇒  10  長野県南牧村野辺山 2011/1/8 200羽位は居たと思います。
 ⇒ 11  和歌山県 2013/1/30
 
ナキイスカの画像 
 
ナキイスカ(鳴交喙) two-barred crossbill, white-winged crossbill
  香川県まんのう町 大川山 2014/2/3
 スズメ目アトリ科の鳥。15cm。冬鳥として渡来するが少ない。イスカの群れにいることが多い。

 ⇒ メス。大雨覆と中雨覆に白い太い横縞(barred)と、三列風切に白斑がある。
 ⇒ イスカの群れの中にただ1羽だけいましたが、雨覆の2本の白斑が目立ちました。
 
イスカの写真 イスカ(交喙) red crossbill, common crossbill
  滋賀県高島市朽木(くつき)いきものふれあいの里 2008/4/12
 スズメ目アトリ科の鳥。16.5cm。多くは冬鳥として渡来するが、本州中部以北の高地の針葉樹林では夏季も生息し、少数が繁殖する。

 ⇒ 羽先がすこし白い個体。この翼帯が何倍も広ければナキイスカ!(オイオイ)。
 ⇒ オスの若鳥。
 ⇒ メスの成鳥。せっかく美人に撮ったのに、あれ〜藻が口ばしに絡んでいます。
 ⇒ 「この松の実、おいしくない」と思ったのか?、くわえていた実をポイッと捨てました。
 ⇒ もみの木の若枝の芽や、広葉樹の新芽も食べていました。(この画像はデジスコ) 
 ⇒ 石川県舳倉島 2008/5/4 メス1羽・オスが2羽いました。
 ⇒   10   11  滋賀県朽木いきものふれあいの里 2008/11/9
 ⇒ 12   13  石川県輪島市舳倉島 2013/10/31 たくさんイスカが入っていました。
 ⇒ 14  「イスカの嘴(はし)の食い違い」の方向は一定かどうか?→個体によって違います。
 ⇒ 15   16   17  滋賀県高島市朽木 グリーンパーク想い出の森 2013/12/8 この日は20羽弱のイスカが飛び回っていました。
 ⇒ 18   19   20  香川県まんのう町 大川山 2014/2/3
 ⇒ 21  石川県舳倉島 2014/5/6 1羽だけいました。
 ⇒ 22  福井県 2017/11/7
 
オオマシコの写真 オオマシコ(大猿子) pallas's rosefinch
  大阪府千早赤阪村 金剛山 2006/12/16
 スズメ目アトリ科の鳥。全長17.5cm。冬鳥として九州以北に渡来するが少ない。ハギ類の種子を好み、道路脇や林縁などを採食しながら移動する。

 ⇒ 3羽が群れでいました。左下がオスの若鳥、中央がオスの成鳥、右上がメスでしょうか。
 ⇒  成鳥オス
 ⇒ 地上でもさかんに採食していました。
 ⇒ オスの若鳥?
 ⇒  3羽のなかで一番赤色が薄かった鳥(メスだと思います)。
 ⇒ 長野県蓼科高原 2006/12/23 成鳥オス
 ⇒ 10   11  蓼科高原 2006/12/23 メスと思いますが?。
 ⇒ 12   13  蓼科高原 2006/12/23 オスの若?。オオマシコが集まってくる鳥の中で一番気が強く、ウソを飛び蹴り!!美しい人に言い寄って一蹴された人も多いですよね。
 ⇒ 14♂   15♀  和歌山県紀の川市 2007/01/21 寒いので羽根を一杯にふくらませています。
 ⇒16 17 和歌山県紀の川市 2007/01/21 たまには「山の神」の撮った写真も貼らないと、ご機嫌んななめなので。ノートリ・ノーレタッチです。
 ⇒18 19 箕面市みのお記念の森 2007/3/19 寒の戻り。小雪が舞っている時は、鳥だって枝の間でじっと寒さをしのいでいます。
 ⇒20 21 神戸市北区 神戸森林植物園 2009/2/22
 ⇒ 22   23   24  山梨県甲州市塩山 2011/1/9
 ⇒ 25   26  和歌山県紀の川市 2012/11/27
 ⇒ 27   28  和歌山県紀の川市 2013/1/30
 
シメの写真
 
シメ(旨鳥) hawfinch
  東京都渋谷区明治神宮御苑 2003/3/30
 アトリ科の鳥。全長約18cm。太いくちばしで木の実を割って食べる。くちばしが太く、尾が短く、体はすんぐりしている。体の上面は褐色で下面は淡褐色。北海道で繁殖し冬は本州以南へ渡る。しめどり。ひめ。

 ⇒ 千葉県習志野市谷津干潟 2004/01/03
 ⇒お寄せいただいた写真 澤木 弘さん 2003/3/16 神奈川県津久井湖・城山公園で撮影
 ⇒ 京都御苑 2008/4/4 
 ⇒  石川県舳倉島 2017/5/3
 
コイカルの写真
 
コイカル(小斑鳩・小鵤) chinese grosbeak, yellow-bild grosbeak, blacktailed hawfinch
  大阪府豊中市 千里中央公園 2007/1/13
 スズメ目アトリ科。全長約18.5cm。ロシア沿海州・朝鮮半島・中国東北部と中部で繁殖し、中国南部からベトナムで越冬する。日本には旅鳥・冬鳥として主に西日本に渡来する。イカルより少し小さく、胸に褐色味があり、初列風切の先端は白い。 
 ⇒ 前がコイカルで、後ろはイカル。コイカルのオスの「頭の黒色は頬・喉まで深い」。
 ⇒ 
 ⇒ 4♀   5♀   6♀  大阪府豊中市 服部緑地 2014/1/12 イカルの群れの中に居ました。
 ⇒ 7♀     10♂  台湾金門島 2014/8/10 金門島では稀な冬鳥。台湾名は「小黄嘴雀」。
 ⇒ 11♂   12  石川県輪島市 舳倉島 2017/5/1 頭の黒い頭巾が、イカルより深い。
 
ギンザンマシコの写真
 
ギンザンマシコ(銀山猿子) pine grosbeak
  北海道大雪山旭岳姿見平 2007/7/1
 スズメ目アトリ科。全長約20cm。留鳥または冬鳥。大雪山のハイマツ林で繁殖。秋冬にはナナカマドの実を食べに、市街地に来ることがある。 
 ⇒  ハイマツの若芽を食べていました。
 ⇒  2007/7/3 さえずっていました。
 ⇒  2007/7/3 メス 岩の上の蟻を食べていたのが、目撃されています。
 ⇒ 2007/7/1
 ⇒  10  北海道知床峠 2014/6/22
 ⇒ 11   12   13   14   15   16   17  北海道札幌市豊平区 2015/12/23 画像17は♂の若鳥と思います。
 
イカルの写真
 
イカル(斑鳩・鵤) japanese grosbeak, masked hawfinch
  京都市 京都御所 2003/11/22
 スズメ目アトリ科の鳥。23cm。雌雄同色で、黒い頭に黄色い太いクチバシ。初列風切の中央部に白斑がある。低地から山地の落葉広葉樹林で繁殖。越冬期には数羽から数十羽の群れで行動し、太いクチバシでムクやエノキなどの種子を食べる。

 ⇒ 2003/11/23 京都市北区鴨川畔
 ⇒  長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/25 
 

INDEX野鳥図鑑・あいうえお順野鳥図鑑・分類別