チドリ目|チドリ科|ミヤコドリ科|

写真をクリックすれば、大きな画像が出ます。元のページには左上の「戻る」ボタンをクッリクしてください。

クチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)で小さい鳥〜大きい鳥の順 
(参考:スズメは約14cm、ハトは33〜36cmの大きさです。)

<-- チドリ目チドリ科 --> 

コチドリ(小千鳥) little ringed plover
  東京都大田区東京港野鳥公園 2003/5/10
 チドリ科。日本産チドリ類では最小で全長約16cm。目の周囲と脚が黄色。頭部に白黒の斑紋と、胸に黒帯がある。全国各地に飛来し繁殖する夏鳥。

 ⇒コチドリの親子  福島市阿武隈川・河川敷 2004/6/26
 ⇒ 滋賀県 2009/5/29 親鳥にかまわず、ヒナが走りまわっりいました。
 ⇒ 京都市 2010/9/17 幼鳥 
 
シロチドリ(白千鳥) kentish plover
  東京港野鳥公園 2003/8/2
 チドリ科。全長約17cm。全国で生息し繁殖するが、冬は本州以南へ移動する。クチバシと足は黒色。 2012年8月の環境省第4次レッドリストで、新たに絶滅危惧U類に指定される。
 ⇒  沖縄県豊見城市豊崎干潟 2008/1/26 オス
 ⇒ 沖縄県石垣島 2008/10/5 冬羽。冬羽はメダイチドリとよく似るが、シロチドリは白い首輪が一周しています。
 ⇒ 愛媛県四国中央市 2010/8/27 幼鳥
 
夏羽 ハジロコチドリ(羽白小千鳥) ringed plover
  千葉県習志野市谷津干潟 2005/4/10
 チドリ科。全長約19cm。成鳥夏羽では、クチバシの基部と脚がオレンジ色。コチドリは、黄色いアイリングがあるが、ハジロコチドリにはアイリングがない。希な旅鳥または冬鳥として渡来。
  ⇒
 
ミズカキチドリ(水掻き千鳥) semipalmated plover
  愛知県 2007/2/4
 チドリ科。全長約19cm。アメリカでは普通の冬鳥。
  ハジロコチドリとの大きな相違点。ミズカキチドリは、過眼線が口角の頂点部より上の位置でクチバシに接する(クチバシの上部まで白がくい込んでいる)そうです。
  ⇒ 内側の指の水掻きが、ハジロコチドリにはない(外側の指の水掻きは、ハジロコチドリ・ミズカキチドリとも有る)。
  ⇒ 正面から見ると。
 
メダイチドリ(眼大千鳥) mongolian plover
  東京港野鳥公園 2003/5/11
 チドリ科。旅鳥として春秋に全国に飛来し、全長約19.5cm。夏羽では前頭から胸が橙(だいだい)色。冬羽では橙色部がないので、白い首輪が一周していないことで区別すると分りやすい。

 ⇒えさのゴカイをゲット 2003/8/10 洗って食べます!
 ⇒ メダイチドリ3  2003/8/2
 ⇒ 沖縄県石垣島 2008/10/3 冬羽 
 ⇒ 岡山県 2009/9/28 幼鳥
 
冬羽 イカルチドリ(斑千鳥) long-billed ringed plover
  京都市左京区高野川 2006/10/7
 チドリ科。全長約20.5cm。本州〜九州で繁殖する留鳥で、川の中流より上の中州や川原の砂礫地に多い。コチドリに似ているが、少し大きくてクチバシは長い。

 ⇒ 「鴨川おどり」のシンボルマーク「鴨川千鳥」は、イカルチドリ。鴨川では初冬に行われていた中州をならす治水工事が、生態系への配慮から行われなくなり、イカルチドリが最近復活しているという(2005/12/20京都新聞より)。
 ⇒ 夏羽  2007/3/10 同じ場所で撮影しました。頭の黒い鉢巻もはっきりし夏羽にかわっています。左がメスで、抱卵しているのがオスでしょうか。
 ⇒ 抱卵  2007/3/10 卵を4個産んだそうですが、この写真では2個が確認できます。30分から1時間毎に交代で抱卵していました。抱卵の期間は約4週間と長いが、孵化するとすぐ動けるそうです。3月20日孵化の予定で、皆さん楽しみに静かに見守っていたのですが、17日にカラスにやられたそうです。外敵が多い分、何回か産卵するようです。
 ⇒ 大津市南郷洗堰 2011/2/11 
 
幼鳥 コバシチドリ(小嘴千鳥) eurasian dotterel
  岡山県倉敷市 2010/1/2
 チドリ科。ユーラシア大陸北部のツンドラ地帯やスコットランド高原・アルプス山脈などの高原で繁殖する。まれな旅鳥として主に幼鳥が飛来する。全長約21cm。

 ⇒    ハマシギの群れと一緒にいました。後頭部まで伸びる眉班、胸に横に入る淡色の帯が特徴。  
 
冬羽 オオメダイチドリ(大眼大千鳥) great sand plover
  沖縄県石垣島 2008/10/3
 チドリ科。旅鳥として春秋に飛来し、全長約21.5cm。メダイチドリよりクチバシ、脚が長い。脚は黄褐色。

 ⇒メダイチドリとの対比(冬羽) オオメダイチドリを捜す時は、「ゴカイではなくカニを食べているメダイチドリを捜すと良い」と教えてもらいました。左右にオオメダイとメダイチドリが居ましたので、対比の写真を作成してみました。  
 
幼鳥 オオチドリ(大千鳥) eastern sand plover, oriental plover
  香川県丸亀市 2010/4/17
 チドリ科。全長約22.5cm。中央アジア・モンゴル・中国東北部で繁殖し、インドネシア・オーストラリアなどで越冬する。日本へは数少ない旅鳥として、畑や草地・乾いた水田などに渡来する。

 ⇒    ムナグロ1羽と一緒にいました。画像5のような首が長いチドリのイメージを持っていたのですが、普通にしていると首は長くなかったです。
 ⇒ 「山渓 日本の野鳥」によると、幼鳥は背・肩羽・雨覆の羽根の先がとがっており、成鳥は丸みがあるそうですから、幼鳥のようです。
 ⇒    10  三重県名張市 2012/3/28 胸に黒い帯があるので♂。冬羽に有る雨覆の白い羽縁が残っており、夏羽に移行中。
 
夏冬の中間羽 ムナグロ(胸黒) american golden-plover
  東京港野鳥公園 2003/8/10
 チドリ科。旅鳥として春秋に全国に飛来し、全長約24cm。夏羽では顔から前首、胸が黒色。冬羽では首から胸に褐色の縦斑。干潟や河口などに生息するが、草地や畑など乾燥した場所にもすむ。

 ⇒ムナグロ2
 ⇒ムナグロ3 東京港野鳥公園 2003/8/23  
 ⇒ 京都府宇治市 2006/9/9
 ⇒ 三重県松阪市 五主池付近 2007/4/7 まだ冬羽です。
 ⇒ 6・夏羽  愛知県愛西市 2007/4/22 たくさんいました。
 ⇒  京都府伏見区 2007/9/9
 
夏羽 ダイゼン(大膳) grey plover
  千葉県習志野市谷津干潟 2003/5/24
  チドリ科。全長約29cm。旅鳥または冬鳥。 夏羽は背面が灰白色で黒斑があり、胸・腹部は黒色。冬羽は淡色で腹面の黒色部は消える。干潟や河口など、海水域で見られることが多い。
ムナグロに似ているが、体に黄色みはなく、腰の白が目立つ。ムナグロよりひと回り大きい。
 ⇒幼鳥か冬羽 谷津干潟 2003/9/23
 ⇒ 大阪市福島区海老江 淀川 2009/4/6
 ⇒ 岡山県倉敷市 2009/9/28 茶色でムナグロか迷っていましたが、「ピューイー」と鳴いていましたので、ダイゼンでした。
 
タゲリ タゲリ(田鳧、田計里)  lapwing
  群馬県館林市・邑楽(おうら)町 多々良沼 2004/10/31
 チドリ目チドリ科の鳥。全長32cm。本州以南に飛来する冬鳥。水田や川原、時には干潟にすむ。

 この日、多々良沼では白鳥を迎えるために、草を刈って見晴らしを良くする等の準備をされていました。
 ⇒   新潟県豊栄市福島潟 2004/11/21
 ⇒ 群馬県板倉町 2005/02/27
 ⇒ 愛知県弥富市鍋田干拓地 2007/12/1
 ⇒  石川県河北潟 2007/12/15 白いタゲリ(白変種)。 
 ⇒ 滋賀県湖東 2008/12/6
 ⇒ 長崎県森山干拓地 2010/2/26
 
ケリ ケリ(鳧、計里)  grey-headed lapwing
  京都府久御山町巨椋(おぐら)干拓地 2003/11/22
 チドリ目チドリ科の鳥。36cm。鳴き声が名前の由来。留鳥で日本各地にすむが、東海から近畿地方に比較的多い。水田や畑、草原などの開けた場所に小群で生息。
2012年8月の環境省第4次レッドリストで、新たに情報不足に指定される。
 警戒心が強く、近くに行こうとするとすぐ飛び立ちますが、白と黒のコントラストがきれいでした。
 ⇒ 千葉県流山市新川耕地 2004/2/28
 ⇒ 3・ひな  愛知県愛西市 2007/4/22 親鳥は周りを警戒し、近づくカラスやムクドリに向かって行きます。
 ⇒  京都府久御山町 2007/9/15
 ⇒ 愛知県西尾市 2012/2/28 ケリの白変種。
 ⇒ 京都府 2012/9/8
 

<-- チドリ目ミヤコドリ科 -->
ミヤコドリ(都鳥) oystercatcher
  船橋市三番瀬 2004/10/23
チドリ目ミヤコドリ科。全長約45cm。冬鳥として九州北部と関東地方に飛来する。貝類を好んで食べる。

 ⇒ ウミネコと一緒にいました。 
 ⇒ 銚子市銚子港 2004/10/24 岩についた貝を食べているようでした。
 ⇒ 船橋市三番瀬 2005/12/17
 ⇒  三重県津市 安濃川河口 2007/1/3
 ⇒ 三重県津市 安濃川河口 2007/3/24
 ⇒  三重県津市 安濃川河口 2008/3/1 飛び物
 ⇒ 10   11   12  三重県津市 2012/11/7
 

INDEX野鳥図鑑・あいうえお順野鳥図鑑・分類別