スズメ目セキレイ科

写真をクリックすれば、大きな画像が出ます。元のページには左上の「戻る」ボタンをクッリクしてください。
全長で小さい鳥〜大きい鳥の順

<−−セキレイ科セキレイ類−−>
イワミセキレイの写真
 
イワミセキレイ(石見鶺鴒) forest wagtail
  宮崎県高原(たかはる)町 御池(みいけ)キャンプ村 2013/12/15
 スズメ目セキレイ科の鳥。15.5cm。ロシア、中国北部や朝鮮半島で繁殖し、東南アジアなどで越冬する。数少ない旅鳥、または冬鳥。常緑広葉樹林や農耕地に生息する。雌雄同色。歩く時、尾を左右に振る。

 ⇒  いそがしく歩き回って採餌していました。
 ⇒   タイ ケーンクラチャン国立公園 2016/4/12 1月には見なかったのですが、今回は川沿いや林道で良く見かけました。
 
ツメナガセキレイの写真
 
ツメナガセキレイ(爪長鶺鴒) yellow wagtail
  宮古島市下地 2006/10/29
 スズメ目セキレイ科。全長16.5cm。キセキレイに似ているが、足が長くて黒い(キセキレイは黄褐色)のが特徴です。北海道では夏鳥で、沖縄県では冬鳥の旅鳥。日本には4亜種がいる。 
 写真は幼鳥。宮古島にはキマユツメナガセキレイと、マミジロツメナガセキレイが冬鳥として普通にいるようですが、どちらかは分かりません。
 ⇒
 ⇒   北海道幌延町 下サロベツ原野 長沼 2008/6/15 亜種キマユツメナガセキレイ(キマユのことをただ単にツメナガセキレイと呼ぶようです) 3の花はコバイケイソウ。
 ⇒ 北海道浜頓別町ベニヤ原生花園 2008/6/16 お母さんが撮影  
 ⇒ 沖縄県石垣島 2008/10/4 亜種マミジロツメナガセキレイ 
 ⇒  沖縄県石垣島 2008/10/4 どちらの若鳥でしょうか。
 ⇒ 10  山口県萩市見島 2011/5/1 マミジロツメナガセキレイ
 ⇒ 11   12  北海道湧別町 シブノツナイ湖 2013/6/25 画像11はお母さんの撮影
 ⇒ 13  石川県舳倉島 2013/9/27 若鳥
 ⇒ 14  タイ サムットソンクラーム県 2016/4/14  
 
キガシラセキレイの写真
 
キガシラセキレイ(黄頭鶺鴒) citrine wagtail
  鹿児島県十島村平島 2013/4/25
 スズメ目セキレイ科の鳥。16.5cm。まれな旅鳥として主に春に渡来する。

 ⇒ 奄美大島 宇検村湯湾 2013/4/29 ♂
 ⇒ 3♀    石川県舳倉島 2017/5/2 ♀、背が灰色で翼の白帯が幅広い。
 
 
キセキレイの画像 
 
キセキレイ(黄鶺鴒) grey wagtail
  長野県軽井沢野鳥公園湯川 2003/6/22
 スズメ目セキレイ科の鳥。20cm。山麓や山間の小川や渓流を好んですみ、下流にハクセキレイ、中流にセグロセキレイと棲み分けている。留鳥。
 ⇒ 栃木県栗山村女夫淵温泉 2003/7/27
 ⇒ 滋賀県米原市 霊仙山うるしが滝 2005/6/10 子供がかえっているのか、盛んにエサを運んでいました。
 
セグロセキレイの写真
 
セグロセキレイ(背黒鶺鴒) japanese wagtail
  岡山県新見市高梁(たかはし)川 2003/7/14
 スズメ目セキレイ科の鳥で日本固有繁殖種(日本でだけ繁殖)。21cm。留鳥。

 ⇒
 ⇒  岐阜県養老公園 2008/2/24
 ⇒  京都市 大覚寺大沢池 2014/9/18 画像6はハクセキレイの若鳥と、セグロセキレイの若鳥。
 ⇒ 西宮市甲山森林公園 2014/11/3
 
ハクセキレイの写真
 
ハクセキレイ(白鶺鴒) pied (white) wagtail
    東京都杉並区善福寺公園 2002/3/3
 スズメ目セキレイ科の鳥。全長約21センチメートルで、「せぐろせきれい」より少し大きい。眼に黒の過眼線がある。

 ⇒  安曇野市豊科 2009/3/27 写真4の個体と2羽で一緒にいました。
 ⇒ 写真2の背中は灰色で、4の背中は黒く喉まで黒いので、2がメス・4がオスでしょうか。
 ⇒ 石川県舳倉島 2011/4/22

 亜種 タイワンハクセキレイ(台湾白鶺鴒)
    輪島市舳倉島 2007/5/4
 ⇒  夏羽では喉の黒斑が、アゴまである。
 ⇒ 山口県萩市見島 2011/4/30 見島のいろいろな場所で見かけました。
 ⇒  石川県輪島市 舳倉島 2012/5/13
 ⇒ 7  鹿児島県平島 2017/4/23 

 亜種 シベリアハクセキレイ(シベリア白鶺鴒)
    鹿児島県十島村平島 2013/4/25
 ⇒  背中が灰色なので、シベリアハクセキレイだと思っていました。しかし、シベリアハクセキレイの雨覆はすべて灰色で白い羽縁がある(フィールドガイド日本の野鳥より)。♀の冬羽は背が灰色味がかかることがある(フィールドガイド日本の野鳥より)ので、ホオジロハクセキレイの♀と思われます。

 亜種 ホオジロハクセキレイ(頬白白鶺鴒)
    台湾 台中市和平区八仙山国家森林遊楽区 2014/3/24 
 ⇒  背中が黒い。台湾では留鳥もしくは冬鳥で、台湾名も「白鶺鴒」。
 ⇒  台湾金門島 2014/8/10 画像4は、顔に少し黄色味があり幼鳥の♀か。
 ⇒  滋賀県草津市 2015/12/13 背中が灰色で♀でしょうか。
 

<−−セキレイ科タヒバリ類−−>
マキバタヒバリの写真 
 
マキバタヒバリ(牧場田雲雀) meadow pipit
  京都府久御山町  2011/2/10
 スズメ目セキレイ科。全長14cm。雌雄同色。迷鳥。ヨーロッパ北部から西シベリア北部などで繁殖し、アフリカ北部からヨーロッパ南部で越冬する。 
 ⇒  画像3の右はタヒバリです。眉班が無く、タヒバリより白っぽく、ひとまわり小さい。
 ⇒   荒っぽい表現ですが、ビンズイを小さくして、眉班がなく背中に縦班がある鳥でした。
 偶然に見つけのではなく、よく鳥が集まる場所なので定点観察されていて、見つけられたそうです。いつも珍鳥を見つけた人はすごいと思います。
 ⇒   2011/3/7 前回 2/10 の撮影時点では換羽中でしたが、はえ揃って来たようです。背中の縦班は不明瞭になっています。
 
セジロタヒバリの写真
 
セジロタヒバリ(背白田雲雀) pechora pipit
  大阪府高槻市三島江  2012/10/18
 スズメ目セキレイ科。全長14cm。稀な旅鳥または冬鳥。 
 ⇒   ムネアカタヒバリ冬羽とすごく似ているが、初列風切の先端が三列風切より後方に出ている。
 
ムネアカタヒバリの画像
 
ムネアカタヒバリ(胸赤田雲雀) red-throated pipit
  長崎県雲仙市吾妻町  2010/2/27
 スズメ目セキレイ科。全長15cm。本州以南で見られるが、沖縄や九州で比較的多い旅鳥または冬鳥。 
 ⇒ 左手前はヒバリです。タヒバリより背中の縦斑が明瞭です。
 ⇒ 10羽以上の群れでいましたが、普通はタヒバリの群れに1,2羽いることが多く、めずらしいそうです。
 ⇒   輪島市舳倉島 2010/10/23 目視では、肩羽に白線があり頭部から胸の赤味はありませんでした。もしかしてセジロタヒバリではないかと期待しましたが、初列風切の先端が三列風切より後方に出ていない等、ムネアカタヒバリでした。
 ⇒  京都府久御山町 2011/2/10
 ⇒  10   11  輪島市舳倉島 2011/4/24
 ⇒ 12   13  山口県萩市見島 本村八町八反 2011/5/2 
 ⇒ 14   15  石川県舳倉島 2012/10/5
 ⇒ 16   17  鹿児島県トカラ列島 平島 2014/4/15 他
 ⇒ 18   19  鹿児島県トカラ列島 平島 2017/4/22 画像19は背中の縦斑が明瞭で、ムネアカタヒバリだと思います。
 
タヒバリの画像
 
タヒバリ(田雲雀) water pipit
  東京都多摩市 多摩川・大栗川合流点 2003/12/31
 スズメ目セキレイ科。全長16cm。本州以南の各地で普通に見られる冬鳥。 
 ⇒ 体上面は、夏羽は灰褐色、冬羽はオリーブ褐色。
 ⇒  京都市伏見区 2007/11/18 ハクセキレイの群れと一緒に行動していました。
 ⇒ 石川県輪島市舳倉島 2010/10/23 立ち姿からマミジロタヒバリでは?と思ったのですが、腹部に縦斑がありタヒバリだと思います。
 ⇒  石川県舳倉島 2011/4/25
 ⇒  山口県萩市見島 2011/5/1
 
ビンズイの写真
 
ビンズイ(便追) olive-backed pipit
  東京都江戸川区葛西臨海公園 2004/2/15
 スズメ目セキレイ科の鳥。16cm。夏山でさえずるオリーブ色の鳥。秋に本州以南の平地の松林などに移動して越冬する。

 ⇒ 長野県霧ケ峰高原 八島ヶ原湿原 2004/6/19
 ⇒ 山梨県富士山奥庭(四〜五合目の間) 2004/7/18
 ⇒  京都御所 2006/01/01 体上面はオリーブ緑色。耳羽後方に白斑とその下に黒班がある。
 ⇒ 石川県舳倉島 2011/4/25
 ⇒ ビンズイさえずり 北海道 十勝岳山麓 2013/7/16 「ビーンズイズイ」と囀ると言うが?
 ⇒ 鹿児島県トカラ列島 平島 2017/4/24 
 
マミジロヒバリの画像
 
マミジロタヒバリ(眉白田雲雀) richard's pipit
  長崎県雲仙市吾妻干拓地  2010/2/28
 スズメ目セキレイ科。全長18cm。大きくて足が長く、後指の爪はとくに長い。旅鳥として西日本に渡来する。 
 ⇒本当はよく分っていません。時々草むらから顔を出すので、「あそこ、あれ」と教えてもらうのですが、見ると居ません!肝心の背中の黒い縦斑は撮れませんでした。
 ⇒    石川県舳倉島 2014/5/7 胸を張った立ち姿が独特。
 ⇒ 尾羽は淡色の羽縁があり、外側の2枚に白斑がある。
 

INDEX野鳥図鑑・あいうえお順野鳥図鑑・分類別