スズメ目・キクイタダキ科・ツリスガラ科・シジュウカラ科・メジロ科・ゴジュウカラ科・キバシリ科

写真をクリックすれば、大きな画像が出ます。元のページには「戻る」ボタンをクッリクしてください。
クチバシの先から尾羽の先までの長さ(全長)で小さい鳥〜大きい鳥の順

<--キクイタダキ科-->
キクイタダキの写真  キクイタダキ(菊戴) goldcrest
 山梨県富士山奥庭(四〜五合目の間) 2004/7/18
 スズメ目キクイタダキ科の鳥。10cm。北海道〜本州の高山で繁殖する夏鳥。秋に山麓や丘陵、暖地に移動して越冬する。メスは頭頂が黄色く、オスはダイダイ色で、日本一小さい鳥。

 ⇒ 2004/7/18
 ⇒ 富士山奥庭 2004/9/11 
 ⇒  長野県戸隠 2010/5/16 証拠写真になってしまいました。画像4はお母さん撮影。
 ⇒   石川県舳倉島 2010/10/22 
 

<--ツリスガラ科-->
ツリスガラの写真  ツリスガラ(吊巣雀・釣巣雀) chinese penduline tit
  神奈川県川崎市川崎区殿町 多摩川 河口 2006/3/11
 スズメ目ツリスガラ科。全長約11cmとメジロくらいで小さい。本州〜九州のアシ原に飛来する冬鳥。
 ⇒ オスの背中
 ⇒ メスは過眼線が褐色
 ⇒  三重県桑名市 町屋川河口 2007/3/31 柳の新芽も食べていました。
 ⇒  写真7の左は、オオジュリン。 
  

<--シジュウカラ科-->
キバラガラの写真
 
キバラガラ(黄腹雀) yellow-bellied tit
 福岡県春日市 春日公園 2012/12/4
 スズメ目シジュウウカラ科。全長約10cm。中国南東の浙江省や、中国北東の河北省の森林地帯に生息する留鳥。オスは喉が黒く、メスは白い。
 ⇒  シジュウカラ6羽ほどと一緒に行動していました。
 ⇒ 小さい実を食べていました。
  
ヒガラの写真
 
ヒガラ(日雀) coal tit
 山梨県富士山奥庭(四〜五合目の間) 2004/7/18
 スズメ目シジュウウカラ科。オスメス同色で全長約11cm。屋久島以北の針葉樹林に留鳥としてすむ。夏は高山、冬は低地の林に移動し他のカラ類と混群になることもある。 胸に黒い帯が無く、翼に2本の白い帯がある。
 ⇒ 蛾を捕らえてお食事中
 ⇒ 山梨県富士山奥庭 2006/7/17 
 ⇒ 長野県白樺峠 2008/10/13 
  
コガラの写真
 
コガラ(小雀) willow tit
  長野県立科町蓼科牧場西 2003/11/3
 スズメ目シジュウカラ科の鳥。全長約12.5cm。北海道〜九州の山地にすむ留鳥。
 昼食で立ち寄ったロッジにバードフィーダーがあり、コガラやゴジュウカラ・シジュウカラが来ていました。
 ⇒  大阪府金剛山 2008/1/4
 ⇒ 長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/25
 
ハシブトガラの写真 
 
ハシブトガラ(嘴太雀) marsh tit
  旭川市神楽岡公園 2003/7/9
 シジュウカラ科の鳥。全長約12.5cm。北海道の林にすむ留鳥。
 ⇒  苫小牧市北大演習林 2008/2/12 北海道にいるコガラがすべてハシブトガラだと思っていましたが、コガラもいるそうです。ハシブトガラだと思うのですが?。
 ⇒ コガラ(右)との比較写真ですが、ハシブトガラかどうかは自信がありません。
  
ヤマガラの写真
 
ヤマガラ(山雀) varied tit
  東京都渋谷区明治神宮御苑 2003/3/30
 スズメ目シジュウカラ科の小鳥。全長約14cm。全国各地にすむ留鳥で常緑広葉樹林に多い。昆虫や木の実などを食べる。鳴き声もよく、飼いならして「おみくじ引き」などの芸をやらせたりする。
 
  ⇒ 神奈川県秦野市弘法山公園 2005/10/15
  ⇒ 大阪府金剛山 2008/1/4
  ⇒ 奄美自然観察の森 2008/4/26 亜種アマミヤマガラ 顔や胸が日焼け?している感じです。
  ⇒ 滋賀県 2017/6/20 幼鳥。

亜種 オーストンヤマガラ 伊豆諸島南部の三宅島と御蔵島、八丈島だけに生息する。絶滅危惧TB 類。
  ⇒  三宅島 2010/5/1 本州のヤマガラに比べると一回り大きく、羽色が濃い。
  

シジュウカラのヒナの写真
 
シジュウカラ(四十雀) Japanese great tit
    angola さん 2003/7/5 撮影
 シジュウカラ科の鳥。全長約14.5cm。全国に留鳥としてすむ。オスのネクタイは、メスと比較すると太い。
 長い間使われていなかったガスの排気管(直径15cm)の中でシジュウカラが子育ての真っ最中で、親鳥の留守中に一枚撮りました。一生懸命餌を運んでいる姿は感動的です。
 ⇒シジュウカラ 2002/2 当時住んでいた東京都杉並の自宅にて 
 ⇒ 奄美自然観察の森 2008/4/26 亜種アマミシジュウカラ 黒いネクタイが太いのが特徴ですが、肝心な所が撮れませんでした。
 ⇒  石垣島 2008/10/4 亜種イシガキシジュウカラ 黒のネクタイも太く、お腹もすすけています。
 ⇒ 沖縄県 奄美自然観察の森 2018/5/1 
 

<--メジロ科-->
メジロの写真  メジロ(目白) japanese white-eye
  当時住んでいた東京都杉並の自宅にて 2002/1
 スズメ目メジロ科。12cm。夏は低山の林に雌雄一対ですむが、冬は群れをなすことが多い。日本と中国に広く分布。
 ⇒ メジロの巣・そしてヒナの誕生  2005/4 当時住んでいた東京都杉並の自宅にて
 ⇒ 母島のメジロ  小笠原村母島 2012/7/13 小笠原群島に生息しているメジロは、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑した個体群(世界のメジロ図譜改訂版 2008/3/29 より)。

亜種 リュウキュウメジロ(琉球目白) 
 ⇒ 沖縄県豊見城市 2008/1/26 亜種でわき腹の褐色はない。

亜種 シチトウメジロ(七島目白) 
 ⇒  三宅島 2010/5/1 伊豆諸島に留鳥として生息。お腹が白く、クチバシが太い。
 

メグロの写真
 
メグロ(目黒) bonin island honeyeater, bonin honeyeater
  東京都小笠原村母島 2012/3/12,13
 メジロ科。13.5cm。父島などに生息していたムコジマメグロは絶滅し、ハハジマメグロが母島列島に留鳥として生息している。絶滅危惧TB 類。特別天然記念物。日本固有種。
 ⇒   
 

<--コジュウカラ科-->
ゴジュウカラの写真  ゴジュウカラ(五十雀) eurasian nuthatch  
  北海道虻田町ニセコ 2004/8/18
 スズメ目ゴジュウカラ科の鳥。全長約13.5cm。北海道から九州の山地で繁殖する留鳥。頭を下にして木の幹を走り回り、樹皮の割れ目にひそむ昆虫やクモなどを捕食したり、樹木の種子も食べる。

北海道のものは、亜種シロハラゴジュウカラといい、腹部が白い。
 ⇒ シロハラゴジュウカラ2    イチイ(北海道ではオンコ、または「オンコの松」と呼んでいました)の赤い実をくわえ、木の隙間に赤い実をはさみ、種だけを取りだし、種をまた木の隙間に挟んでクチバシでつついていました。
 ⇒ 北海道中標津町養老牛温泉 2005/3/19 得意のポーズ!
 ⇒ 苫小牧市北大演習林 2008/2/12 やっぱりこのポーズを撮ってしまいます。

 ⇒ ゴジュウカラ  長野県立科町蓼科牧場西 2003/11/3 
 ⇒ 長野県蓼科高原 2006/12/23 エサを運んできて、窪みに蓄えていました。
 ⇒  大阪府金剛山 2007/10/6
 ⇒ 長野県茅野市 蓼科高原 2009/1/24
 

<--キバシリ科-->
エサを運ぶキバシリの写真  キバシリ(木走) eurasian tree-creeper
  長野県戸隠村戸隠森林植物園 2004/5/2
 スズメ目キバシリ科。13.5cm。木の幹に縦にとまり、尾羽で体を支え、らせん状に上に登る、まだ模様の小鳥。北海道から九州の山地に分布する留鳥。
 ⇒ ヒナと親鳥
※5月2日の早朝にお会いした、東三河野鳥同好会の山崎夫妻より、メールと写真を送って頂きました。
 『当日は巣立ちが近いと思われたので、私ども夫婦だけが最後まで粘って、17時半から17時45分頃まで の15分位のあいだに、4羽の巣立ちを見ることが出来ました。
 更に翌日の夕方には同じ家族かどうかわかりませんが、雛をつれた家族連れが遊歩道の直ぐ近くに現れて、1時間ほど大勢のバーダー達を翻弄させていました。』
 ⇒ 山崎さん撮影 2004/5/2
 ⇒ キバシリの巣立ち 山崎さん撮影 2004/5/2
 ⇒ 山崎さん撮影 2004/5/3
 ⇒  滋賀県朽木 ふるさとふれあいの森 2009/4/10 長い爪です。
 ⇒ 山梨県甲州市塩山  2011/1/9
 ⇒  10  滋賀県高島市 朽木いきものふれあいの里 2015/7/3

亜種キタキバシリ 北海道のキバシリ。気持ち白っぽいかな?でも、差異は分りません。
 ⇒  苫小牧市北大演習林 2008/2/10

INDEX野鳥図鑑・あいうえお順野鳥図鑑・分類別